FC2ブログ

友ちゃんのオムツ小説の館

このサイトはアダルトオムツ・レズ小説のサイトです。興味の無い方は退場して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第21回 オムツバトントワラー



第21回  オムツバトントワラー 




オムツを取替える為にひかれたバスタオルの上に由唖は仰向けにされて横にされてしまうと、すぐに両足を上げてしまったので、声を上げてしまったが、麻衣子は、
「何を言っているのです、濡れたオムツでレッスンをするなんて、」
と言うと、麻紀が、
「そうよ、濡れたオムツでレッスンをしたら、お洩らしをする度に床を濡らしてしまうのでしょう。だから、オムツを取替えるのよ。」
と言われるので由唖は、
「いやっ、そっ、そんな、そんな、」
と声を出すが、両足を上げられて、レッスン着の裾を捲り上げられているので、麻衣子は由唖が当てているオムツカバーの裾紐を解き始めるので由唖は、
「あっ、いやぁ、やっ、止めてぇ、」
と言うのだが、麻衣子によってオムツカバーの裾紐を解かれてからオムツカバーの腰紐を解かれてしまうので、由唖は、
「いやぁ、そっ、それ以上は、」
と声を出してしまうが、麻衣子は由唖が当てているオムツカバーの前当てをゆっくりと剥がしていくので由唖は、
「いやぁ、みっ、見ないで、お願い、お願いだから見ないで、」
と言うのだが、麻紀が、
「まぁ、グッショリね。」
と言うと、典子が、
「まぁ、2回も同じオムツにお洩らしをしているからね。」
と言うので、由唖は、
「いやっ、ああ、見ないで、見ないで、」
と言いながら、恥ずかしいので顔を左右に振るが、麻衣子は、オムツカバーの横羽根を広げてしまってから、オムツの横羽根を広げてしまうので、由唖は、
「あっ、だめぇ、それ以上は、」
と言うのだが、麻紀と典子は由唖の太腿をもって足を広げるので由唖は、
「やだ、そんな、そんな、」
と言うのだが、麻衣子は由唖が当てているオムツの前当てを剥がしてしまったので、由唖の股間が露わになると、麻衣子が、
「あら、オシッコじゃないものが、」
と言うので、麻紀が、
「まぁ、由唖ったら、昨日からオムツを当て始めたばかりというのに、もうオムツで感じる様になっているのね。」
と言われて、由唖は、
「そっ、そんな、そんな事は有りません。」
と言うのだが、麻衣子が、
「本当かしら、」
と言うと、由唖の股間を指で突くので由唖は、
「いやっ、」
と声を出して腰を捩ってしまうので、典子が、
「本当ね、」
と言った時、麻衣子は由唖の足を上げるので、由唖は、
「あっ、許して、」
と言うのだが、足を上げらると、お尻の下から今まで当てていたオムツを取り除かれると、麻紀が今まで当てていたオムツを持つと、股間部分に当てていた部分を見ながら、
「本当だわ、これはエッチなお汁ね。由唖ったら、もう感じるのね。」
と言うと、典子も由唖のお尻の下から取り除いたオムツを見て、
「本当ね、由唖ったら本当にオムツで感じていたのね、」
と言うのだが、麻衣子はお尻拭きのパッドを取り出し、由唖の下腹部からお尻、そして、股間を拭くのだが、股間を拭かれている時由唖は、
「いやっ、アッ、だめぇ、」
と声を出すが、今は直ぐ、レッスンが待っているので由唖をオモチャには出来ないので、そのまま服だけだった。麻衣子が綺麗に拭き取り終わると、清美が、
「麻衣子、はい、」
と言うので、麻紀と典子が由唖の両足を上げるので由唖は、
「あっ、いやっ、」
と声を出してしまうが、足を上げている間に新しいオムツをお尻の下にひきこまれると、由唖は麻衣子によってベビーパウダーを着けられると、麻衣子が新しいオムツの前当てをもったので、由唖は、
「いやっ、ああ、もうオムツは、オムツは、」
と言って、嫌がり、由唖はオムツの前当てを股間に当てられたくないので腰を左右にふってしまうが、麻衣子は、
「そんな事をしても無駄なのに、」
と言って、由唖の股間にオムツの前当てを当てるので由唖は、
「いやぁ、」
と声を出してしまうが、麻衣子はオムツの前当てを当ててから、オムツの横羽根を当てて、そして、オムツカバーの横羽根を当ててから、オムツカバーの前当てを当てられてしまって、ホックを止められてしまうと、麻衣子が、
「由唖さん、それでは立って下さいね。」
と言われて、立たされると、由唖は麻衣子によってオムツの形を整えられると、オムツカバーの腰紐と裾紐を止められてしまうと、麻紀が、
「由唖、それではベンチに座るのよ。」
と言って、典子が手にしていたのは、ペットボトルの日本茶だったので、由唖は、
「まっ、まさか、」
と言うのだが、典子は、
「そうよ、由唖、オムツを当ててバトン演技をするのだから、沢山、お洩らしを擦る様に飲みましょうね。」
と言った時、今度は清美と麻衣子が由唖の体を押えるので由唖は、
「やだ、止めて、止めてぇ、」
と言うのだが、典子はペットボトルからコップに日本茶を移すと、由唖の飲ませるのだった。
最初にペットボトル1本飲まされてしまうと、更に、もう1本、但し、これは半分程飲まされてしまった。飲まされてしまった由唖は、あっ、いやっ、これではまた、またお洩らししてしまう、と思うが、既に飲まされてしまったので遅かった。
由唖のオムツの取替えが終わり、水分の補給が終わってから10分程してから、ダイヤモンド・エンジェルスのインストラクター、篠原松美がレッスン場に来ると、松美は最初に、
「それでは、ダイヤモンド・エンジェルス以外の娘は出て、」
と言われたので、通常のレッスンを受けていた小学生と中学生はネットで分けられている外に出ると、松美が、
「それでは、ダイヤモンド・エンジェルス、整列。」
と言われると、5人全員、バトンを持って整列をしなくてはならない、当然、由唖はその真ん中に立たなければならない、両手を腰の所に手を当て、片手で斜めにバトンを持つポーズを採らなければならない、整列をすると、松美が由唖の所に来て、
「由唖さん、オムツがお似合いよ。」
と言って、由唖が着ているワンピースの裾を捲り上げるので由唖は、
「あっ、いやっ、」
と腰をひいてしまうが、松美は、
「腰をひかない、」
と言われたので由唖は姿勢を正すが、松美は、
「うん、由唖さん、オムツが似合っているわよ、今日から、レッスンの時はオムツで参加するのよ。」
と言われてしまった。由唖は、そんな、そんな、と思うが、松美は、
「麻紀さん、」
と声を掛けると、麻紀は、
「大丈夫です、ちゃんと水分の補給はしましたから、」
と言うと、松美は、
「それでは、レッスンを始めましょう。今日からイベントで行う、模範演技のレッスンに入ります。」
と言われたが、由唖は尿意の事が心配になっていた。




今後とも、友ちゃんのオムツ小説の館を宜しくお願い致します。




管理人、Tomoeこと友ちゃん


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2012/08/25(土) 23:59:59|
  2. オムツバトントワラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第94回 女子高生にされたオムツ教師 | ホーム | 第93回 女子高生にされたオムツ教師>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tank00hiro.blog84.fc2.com/tb.php/678-eb901a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

友ちゃん

Author:友ちゃん
友ちゃんが演出する、オムツの怪しい世界へ誘います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。