FC2ブログ

友ちゃんのオムツ小説の館

このサイトはアダルトオムツ・レズ小説のサイトです。興味の無い方は退場して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第91回 女子高生にされたオムツ教師



第91回  女子高生にされたオムツ教師 




優美華は、やだ、そっちは、そっちは、と思うが、尚子に連れられて行くのでどうしても中央に向かって行く、だが、尿意が限界なので優美華は、
「うっ、ううっ、」
と声を出して立ち止まってしまう、人目があるので股間を押える事が出来ないから、必死に固まってしまって必死になって我慢しているが、もう限界であるのは、我慢している優美華が分かっていた。それでも連れられて行くので、どうしても立ち止まってしまう、立ち止まると、尚子が、
「優美華様、どうしたのですか、優美華様、」
と言って、優美華を連れて行こうとするが、優美華は、
「だめっ、今は、今は動かさないで、お願いよ、お願いだから。」
と言うのだが、尚子は、
「でもぉ、和美さん達が、」
と言うので、優美華は、
「分かっているわ、だから。」
と言うのだが、尚子は連れて行こうとする。何とか我慢出来たので動こうとするが、また洩れそうになるので立ち止まってしまう、ああ、だめぇ、もう出ちゃう、と思ったが、何とか我慢出来たので歩き、そして、中央の所に来ると、尚子が、
「真ん中を歩いて行きましょうね。」
と言ったので、優美華は、幼児たちが遊んでいる広場の中央を歩いて通り抜けようとする。優美華は今直ぐにも出オシッコが洩れそうなのでどうしても歩くスピードが遅い、同じ様に則美も尿意が強くて洩れそうになっているだろう、則美もゆっくりとした足取りだが、まだ我慢出来るのか、それでも優美華の前を歩いている。広場の中央を通ろうとした優美華だが、尿意が強く直ぐに洩れそうになってしまうので、
「うっ、ううっ。」
と声を出して思わず立ち止まってしまう為、優美華は、やだ、こっ、こんな所で、お洩らしは出来ないわ、ああ、だっ、だめぇ、と思い、必死に我慢する。何しろ、既に広場の中に入っていて、その日は子供の数が多い為、10人近い子供の前でお洩らしを擦る事は24歳の優美華が出来る事では無い上、広場に置いて買い物をしている両親が遊んでいる子供を見ている事が出来る様にゆっくりとソファの様にふっくらとしたベンチに座って子供の様子を見ているので、お洩らしをしてしまえば、その両親にも見られてしまうから、優美華は、こっ、ここではお洩らしは出来ないわ、早く、通り過ぎないと、と思のだが、尿意が強く、今直ぐにもオシッコが洩れそうな為に簡単には通り過ぎる事が出来ずにいて、しかも、オシッコが洩れそうになるので、
「ヤダッ、」
と声を出し、必死に股間に力を込めて今にも洩れそうになっているオシッコを必死に我慢するた、必死に我慢をしてもオシッコが出てくる様な感じがしたので、優美華は、
「あっ、だめぇ、」
と声を出し、思わず片手で股間を押えてしまった。股間を押えたので何とか我慢出来たが、洩れそうになっているオシッコがその場は我慢出来たにすぎず、その上、優美華が見える人には、優美華がオシッコを我慢していると簡単に分かってしまったので、近くの主婦が、
「やだ、オシッコを我慢しているのね。でも、何で、トイレに行かないのかしら、」
と言う声が聞こえる。優美華からしたら、本当はトイレに行きたいが、それをさせない和美と尚子、そして、有米子が居るからだ。ふと見ると、則美は何とか広場の中央を通り過ぎていた。だが、その顔にはホッとした顔ではない、何時、お洩らしをしてしまうか、不安そうな顔に成っている、だが、優美華は則美の心配等している余裕はない、ここを、ここを通りすぎなければ、と思って、2・3歩歩いたら直ぐに洩れそうになるので、あっ、いやぁ、と思ったが、また洩れそうになり、優美華は股間を押えなかったが、それでも必死になって片足を上げて今にも洩れそうになっているオシッコを我慢していたが、尿意が収まる何処ろか、更に強まっている気がして、もう限界だと思った。優美華は、やだ、でっ、出ちゃう、やだ、だめぇ、出ちゃだめぇ、と思ったのだがひしに我慢していたオシッコがシュッとでてしまったので、優美華は、
「ヤダッ、出ちゃう、」
と声を出し、思わず両手で自分の股間を押えるが、股間を押えた瞬間、必死に我慢していたオシッコがジャァーと出始めてしまった。優美華は、
「やだ、駄目、ああ、だめぇ、」
と声を発するが、オムツの中には勢い良くそれまで我慢していたオシッコが出ている。お洩らしを始めてしまった瞬間、優美華は股間が生温かい物に包まれている、やだ、出てる、出てる、と思ってお洩らしをしていたが、既に、グッショリと濡れ、前にお洩らしをしてから、まだ、大した時間が立っていないので、オムツは園力が殆ど無く、直ぐにオムツから溢れ始めるので股間を押えている優美華は、押えている手が生温かい感触があり、太腿に生温かい物が流れ落ちる感覚があり、優美華は、
「ヤダッ、アッ、だめぇ、」。
と言うのだが、お洩らししている優美華はオムツからオシッコが溢れ、足元の零れ落ちている。その優美華の姿をみた幼児が、
「やだぁ、お姉さん、お洩らししている。」
と大きな声で言うと、他の子供も、
「本当だ、本当にお洩らししている。」
と大きな声で言うので優美華は、
「やだ、そんな、そんな、・・・。」
と言って、思わず手で顔を覆ってしまうが、お洩らしは止まってはくれない、優美華は、お願い、お願いだから、止まって、お願いだから、と思うのだが、思う様にお洩らししているオシッコは止まってはくれなかった。だから、子供の両親からも、
「やだ、いい歳して、お洩らし、」
と言っている声が聞こえるので優美華は更に恥ずかしく成る、しかし、お洩らしは止まってはくれなかったが、それでも、止まってくれたので、優美華は、
「いやぁ、」
と声を出してしまうが、手を動かす事も出来ないのでそのまま股間を押えてお洩らしを続けていた。
優美華からしたら永遠に思われる時間と思われるが、何とかお洩らしを終えると、和美が、
「あらぁ、出ちゃったのですね。」
と言って、優美華の所に和美が来た。そして、尚子も、
「本当に沢山出てしまいましたね。」
と言っているので、優美華からしたら直ぐにこの場から連れ去ってくれるのかと思った。だが、優美華の所に来た尚子は優美華の手を押えるので優美華は、
「ヤダッ、何をするの、止めてぇ、」
と悲鳴に近い声を張り上げてしまうと、尚子は、
「あら、オムツに溜ったオシッコを零さないと、」
と言うので、優美華は、
「いやっ、やっ、止めてぇ、ここではいやっ、止めてっ、」
と言うのだが、和美は、
「何を言っているのです。さぁ、零しましょうね。」
と言う、その時、今まで優美華達の対応をしていた店員が、
「まぁ、沢山、お洩らしをされましたねえ、」
と言って近付いて来たが、その手にはモップが握られていた。




今後とも、友ちゃんのオムツ小説の館を宜しくお願い致します。




管理人、Tomoeこと友ちゃん

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2012/08/20(月) 23:59:59|
  2. 女子高生にされたオムツ教師
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第19回 オムツバトントワラー | ホーム | 第18回 オムツバトントワラー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tank00hiro.blog84.fc2.com/tb.php/672-7e9a76e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

友ちゃん

Author:友ちゃん
友ちゃんが演出する、オムツの怪しい世界へ誘います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。