FC2ブログ

友ちゃんのオムツ小説の館

このサイトはアダルトオムツ・レズ小説のサイトです。興味の無い方は退場して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第13回 オムツバトントワラー



第13回  オムツバトントワラー 




歩き始めても、由唖は直ぐにオシッコが洩れそうになるので、
「あっ、いやぁ、」
と声を出して立ち止まってしまうと、麻紀が、
「由唖、お洩らし出来ないのなら、お洩らしさせてあげましょうか。」
と言うので、由唖は、
「やだ、変な、変な事はしないで、お願いだから、しないで、」
と言うのだが、麻紀は、
「どうしようかしら、」
と言うと、典子が、
「でも、由唖はオシッコを我慢していたいというのだから、」
と言うと、麻紀が、
「そうね、それなら、」
と言うと、由唖の手を持ち、
「由唖、さぁ、歩きましょうね。」
と言って、歩き始めるが、直ぐに洩れそうになるが、麻紀が、
「ほら、由唖、歩きなさい。」
と言って、歩かせようとするので由唖は、
「やだ、だめぇ、」
と声を出してしまった時、オシッコが出てくる感じがしたので由唖は、
「ヤダッ、」
と声を出した瞬間、必死に我慢していたオシッコがシュッとでてしまったので、由唖は、
「あっ、嫌ぁ、」
と声を出してしまって思わず両手で股間を押えようとするが、必死に我慢していたオシッコがジャァーと出始めてしまって、当てているオムツの股間部分が異様に生温かくなるので、
「いやぁ、いやぁ、」
と声を出しているが、由唖はオムツの中に勢い良くお洩らしをしているが、直ぐに、太腿の付根部分からオシッコが溢れ始めるので、由唖は、
「やだぁ、」
と声を出すが、オムツからオシッコを溢れさせてお洩らしを続けているが、由唖は変な気持になっていた。それは敏感になっていた股間がお洩らししているオシッコが優しく撫でるので由唖は、
「アッ、アアッ、アッ、アアッ、」
と声がでてしまって思わず顎が上がっている姿を見て、典子が、
「やだ、由唖ったらお洩らししているオシッコに感じちゃって、」
と言うと、麻紀も、
「本当にねぇ、由唖、お洩らしってそんなに気持ち良いの、」
と言われるが、由唖は、
「いやっ、そんな、そんな事を言わないで、お願いですから。」
と言って、首を左右に振るが、お洩らしで感じている由唖の姿はすかさず典子が携帯で撮影をしていた。    
お洩らしが終わると、そのまま家の近くまで歩かされる事になったが、歩いていると、由唖は次第に変な気持になってくる、由唖は、いやっ、おかしくなるわ、ああ、何で、何で、と思うが、その原因が分からない、だから、何で、オムツを当てていておかしくなるの、と思いながら歩いていくが、歩けば、お洩らししたオムツからオシッコが溢れて来るんで、由唖は、
「いやっ、あっ、溢れている。」
と声を出してしまうが、麻紀は、
「あら、一度、お洩らししたオムツにお洩らしをしたのだから、当然でしょう。」
と言うと、典子が、
「由唖、また顔が赤いわよ、本当にオムツに感じてしまっているのね。」
と言うので、由唖は、
「そんな、そんな事は有りません。」
と言うのだが、現実的に由唖は股間が熱く変な気持になってきているのも事実だし、先程のお洩らしの時、お洩らししているオシッコで変な気持になっていた股間をお洩らししているオシッコで優しく撫でられただけで変な気持になっている。由唖は、どうして、どうして、と思ってしまう、だが、そんな由唖に対して、麻紀は、
「由唖、兎に角歩くのよ、ほら、歩きなさい。」
と言って、由唖の手を持ち、歩かせるので由唖は、
「あっ、だめぇ、」
と言うのだが、そのまま歩かされてしまった。
由唖の自宅の近くに、麻紀と典子の家がある。同じ住宅団地内にあるので徒歩で2・3分の距離の住んでいる。由唖は股間の疼きを我慢しながら、何とか自宅近くの公園に連れて来させられてしまうと、公園の中にあるベンチに、麻紀が、
「由唖、座りなさい。ほら、座るのよ。」
と言うと、典子が、
「そうよ、さぁ、座るのよ。」
と言って、ベンチに座らされてしまうと、由唖の前に麻紀が来たので、由唖は、
「やだ、何をするのです、止めて下さい。」
と言うが、麻紀が、
「何を言っているの、オムツに溜ったオシッコを零すだけだから、」
と言うのだが、由唖は、
「でも、こんな所で、」
と言うと、麻紀が、
「あら、もっと人通りがある所でした方が良いのかしら、」
と言うので、由唖は、
「そっ、それは、」
と言うと、典子が、
「由唖、オムツに溜っているオシッコを零すのよ、さぁ、足を開きなさい。」
と言うと、由唖の膝頭を持つので、由唖は、
「やだ、止めて下さい、そっ、そんな、そんな、」
と言うのだが麻紀と典子は由唖の膝頭を持って由唖の足を広げると、麻紀が、由唖が履いているデニムのミニスカートを捲り上げるので、由唖は、
「やだ、やっ、止めて下さい、お願いですから。」
と言って、デニムのミニの裾を押せようとするが、典子が、
「あら、駄目でしょう。折角、オムツに溜っているオシッコを零してくれると言っているのだから、」
と言うと、由唖の手を退けると、由唖の手をそのまま後に持って行き、由唖の手を腰の上で揃えると、そのまま縛るので由唖は、
「なっ、何をするのですか、そんな、そんな、」
と言うが、典子は、
「これで良いわ、」
と言うと、麻紀が由唖が当てているオムツカバーの腰紐を解くので、由唖は、
「やだ、止めて下さい、ああ、だっ、だめぇ、」
と言うのだが、麻紀はオムツカバーの腰紐を解いてしまうと、オムツカバーの前当てに手を掛けるので由唖は、
「ヤダッ、そっ、それ以上は、」
と言うのだが、麻紀は由唖が当てているオムツカバーの前当てに手を掛けゆっくりと剥がしてしまって、オムツに吸い取れずオムツカバーに溜っていたオシッコを零してしまうと、直ぐに、オムツカバーの前当てを止め直すので、由唖は、
「あっ、いやっ、ゆっ、許して、」
と言うのだが、オムツカバーの前当てを当てられてしまってから、オムツカバーのホックを止められてしまう




今後とも、友ちゃんのオムツ小説の館を宜しくお願い致します。




管理人、Tomoeこと友ちゃん

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2012/08/02(木) 00:04:59|
  2. オムツバトントワラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第83回 女子高生にされたオムツ教師 | ホーム | 第82回 女子高生にされたオムツ教師>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tank00hiro.blog84.fc2.com/tb.php/657-fde5e034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

友ちゃん

Author:友ちゃん
友ちゃんが演出する、オムツの怪しい世界へ誘います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。